LECTURES 担当授業

九州大学教育学部
 ・臨床心理学講義Ⅰ Clinical PsychologyⅠ
 ・臨床心理学講義Ⅱ Clinical PsychologyⅡ
 ・カウンセリング論講義Ⅰ CounselingⅠ
 ・臨床心理学概論演習 General Study of Clinical Psychology (Seminar)
 ・グループ・アプローチ論演習 Group Approach (Seminar)
 ・心理療法論Ⅰ演習 Theories of PsychotherapyⅠ(Seminar)

九州大学大学院
 ・臨床心理学特論Ⅰ
 ・臨床心理学特論Ⅱ
 ・臨床心理学実習Ⅰ
 ・臨床心理査定学演習Ⅱ
 ・臨床心理学面接特論Ⅰ
 ・臨床心理学基礎実習Ⅰ
 ・臨床心理地域援助学演習Ⅱ
 ・体験的心理療法学基礎論
 ・体験的心理療法学研究Ⅰ
 ・児童・青年期臨床心理学基礎論
 ・児童・青年期臨床心理学研究Ⅰ


鳥取大学大学院(臨床心理学専攻)
 ・人間関係学特論(集中講義)
 ・心理統計法特論(集中講義) ※資料閲覧にはパスワードが必要です
   1 心理統計の基本統計量
    「練習用データ 1」 
   2 仮説検証と有意水準
     SPSSで「練習用データ1」を開き、正規性の検定をします
   3 度数の検定
     簡単な手計算とオンライン上のソフトで度数の検定をします
     SPSSで「練習用データ2」を開き、度数の検定をします
   4 線形モデルと差の検定
     SPSSで「練習用データ3」を開き、t検定をします
   5 ベクトル表現と検定の理解

   6 相関の応用、重回帰分析
     SPSSで「練習用データ4」を開き、相関分析をします
     SPSSで「練習用データ5」を開き、重回帰分析をします
   7 実験デザインと要因

   8 分散分析(1)
     「練習用データ6」を開き、簡単な手計算で分散分析を行います
     SPSSとオンライン上のソフトで分散分析を行います
   9 分散分析(2)
     SPSSとオンライン上のソフトで「練習用データ7」「練習用データ8
     「練習用データ9」を開き、分散分析を行います
   10 因子分析(1)
     SPSSで「練習用データ10」を開き、因子分析をします
   11 因子分析(2)
     SPSSで「練習用データ11」を開き、因子分析をします
   12 構造方程式モデリング
   13 ノンパラメトリック検定
     オンライン上のソフトで「練習用データ12」を開き、順位相関分析をします
     SPSSで「練習用データ7」「練習用データ8」を開き、
     クラスカル・ウォルスの検定とフリードマンの検定をします
     (分散分析結果と比較)
   14 応用的な分析
     SPSSで「練習用データ13」を開き、クラスター分析をします
     SPSSで「練習用データ14」を開き、判別分析、ロジスティック回帰分析をします
   15 テスト・総復習

TOPに戻る