OLD INFORMATION 過去のお知らせ

  • 山陰人間関係研究会の例会を2月4日に行いました(2017.2.6)。
  • 年末に「熊本エンカウンターグループ」を行います。「2016年の年の瀬を迎える前の週末を、共に熊本で過ごしませんか」日程は2016年12月24日(土)〜26日(月)です。スタッッフは野島一彦(跡見学園女子大学)、金子周平(九州大学)・事務局:髙橋紀子(福島大学)で、場所は菊池グランドホテルです。
  • 日本心理臨床学会第35回大会(2016年9月4日(日)〜7日(水)、パシフィコ横浜)で自主シンポジウム「ロールレタリングと他の技法との関連」(9.4)の話題提供者をします。他にも研究発表(ポスター発表:9.6)を行います(2016.9.2)。
  • 山陰人間関係研究会のキャンプを2016年8月20日(土)、21日(日)の二日間で行いました(2016.9.2)。
  • ICP2016(2016年7月24日(日)〜29日(金)、パシフィコ横浜)にてポスター発表(7.25)を行いました(2016.9.2)。
  • 金子研究室は2016年4月1日に鳥取大学から、九州大学に移りました(2016.4.5)。
  • 日本人間性心理学会第35回大会(2016年9月27日(土)〜29日(月))のワークショップ(27日)において「役割交換書簡法を通して内なる多様な声を表現・尊重する」を行います(2016.3.15)。
  • 役割交換書簡法・ロールレタリング学会第1回大会を2016年8月6日(土)、7日(日)に福岡市にて行います(2016.3.15)。
  • 山陰人間関係研究会の第5回例会を、2016年3月6日に行います。ご興味のおありの方はぜひご参加ください(2016.2.19)。
  • 日本人間性心理学会中国・四国部会の第1回研修会を広島オフィスセンターにて開催しました。「グループの臨床と研究」と題して話題提供を行いました(2016.2.7)。
  • 日本交流分析協会中部支部の秋季会員研修会で2015年11月15日に「ロールレタリングの実際と活用」についてお話しします(2015.11.4)。
  • 第2回ロールレタリング研究会を2015年10月24日、25日の2日間で開催しました。30名ほどの参加者で、いずれのプログラムでもディスカッションの時間が足りず、盛況でした(2015.10.25)。
  • 富士山麓エンカウンター・グループを2015年9月21日(月・祝)~23日(水・祝)の2泊3日で行います。グループに入ってみようと思われる方は、ふるってお申し込みください(2015.6.29)。
  • 日本心理臨床学会第34回大会において、9月18日(金)10:00〜12:00に自主シンポジウム「ロールレタリングの本質を探るー『内なる聞き手との自己内対話』論ー」を行います。ぜひご参加ください(2015.6.29)。
  • 山陰人間関係研究会の第2回例会を、2015年6月28日(日)に行います。ご興味のある方は、ぜひご参加ください(2015.6.24)。
  • ロールレタリング研究会の2つの講演内容が決まりました。日程は2015年10月24日(土)、25日(日)で、場所はくまもと県民交流館パレア(熊本市)です。ご興味のおありの方はぜひご参加ください(2015.4.8)。
  • ゲシュタルト療法のワークショップを2015年6月6日(土)、7日(日)に鳥取県米子市にて行います。ゲシュタルト療法を日本に紹介し、長く実践を続けておられる倉戸ヨシヤ先生も、一部セッションを担当されます(2015.3.6)。
  • 山陰人間関係研究会を立ち上げ、2015年3月8日(日)に湯梨浜町にて例会を行います。ご興味のある方は、ぜひご参加ください(2015.1.24)。
  • 山陰集団精神療法勉強会「つどい」(平成26年12月21日、13:30〜15:30、鳥取市)にて、大学生を対象としたラージグループの展開(プロセス)についての発表を行います(2014.12.17)。
  • 第一回ロールレタリング研究会のプログラムを一部変更しました。研究会は2014年11月22日(土)、13:00〜18:30で、場所は名古屋都市センターです。(2014.10.15)。
  • 日本人間性心理学会第33回大会(南山大学)で自主企画「グループ臨床体験を語り合う集い」の指定討論、看護学生を対象としたラージ・グループに関する発表を行いました(2014.10.11、10.12)。
  • 人間性心理学研究に特集「さまざまな立場からみたロジャーズの“三条件”」の序文と『「グロリアと三人のセラピスト」とともに生きて』の書評を執筆しました(2014.9.30)。
  • 日本看護科学会誌にロールレタリングと看護学生の共感性に関する論文が掲載されました。(2014.9.11)
  • ロールレタリング研究会を立ち上げました。第1回の研究会は2014年11月22日(土)、13:00〜17:00で、場所は名古屋都市センターです。(2014.9.2)。
  • 日本心理臨床学会第33回大会において「ヒューマニスティック・アプローチにおける指示と非指示」に関する発表を行いました(2014.8.25)。
  • ゲシュタルト療法のワークショップ(高野山ワークショップ)スーパーヴィジョンコースに参加しました(2014.8.1〜3)。
  • 2014年12月24日(水)〜28日(日)に長期のエンカウンター・グループ「4泊5日富士山麓エンカウンター・グループ」が行われ、スタッフとして参加します。参加申込の受付が始まりました。興味のある方はぜひご参加ください(2014.1.22)。 日本人間性心理学会第32回大会(大正大学)で、エンカウンター・グループについての自主企画と口頭発表を行いました(2013.9.14、9.15)。
  • 日本心理臨床学会第32回大会(東京大学/パシフィコ横浜)で、PCAによる教師へのアサーションに関する研修発表(関連するスライドはこちら)、他に1件の共同発表を行いました。いずれの発表も多くの方に聞きにきていただき、充実したディスカッションになりました(2013.8.26、8.27)。
  • 国際交流分析学会(International Transactional Analysis Association International Conference)でロールレタリングについてのワークショップを行いました。手紙が登場する日本最古の物語である竹取物語を題材に手紙のもつ効果を理解をしていきました(2013年8月15日)。
  • ゲシュタルト療法のワークショップ(高野山ワークショップ)に参加しました。毎日、毎セッション、新しい気づきや体験ができました(2013.8.2〜5)。
  • ロールレタリング研究データベースを更新しました(2013.7.9)。
  • 日本人間性心理学会第32回大会の自主企画のグループ・ファシリテーター体験を語り合う集いで話題提供を行います。経験豊富なファシリテーターの先生方とのディスカッションで魅力的な時間になると思います(2013.5.10)。
  • 日本人間性心理学会第11期の理事、常任理事になりました。仕事は学会誌編集委員と事務局次長で、任期は3年間です(2013.3.31)。
  • 日本臨床ゲシュタルト療法学会に参加し、エンプティチェアや痛みに関する口頭発表を行いました(2012.12.2)。
  • サイトに「2012年度のその他の活動」のページを加えました(2012.11.20)。
  • 日本人間性心理学会第31回大会に参加しました。自主企画「被災地支援としてできることを考える」の進行をつとめました(2012.9.21〜23)。
  • 日本心理臨床学会第31回大会秋季大会に参加しました(2012.9.14〜16)。
  • 日本ロールレタリング学会第13回大会に参加し発表をしました。タイトルは「看護学生の共感性の変化を狙いとした教育的ロールレタリングー記述コード表による分析ー」です。看護学生の教育についても、コード表についてもある程度の手応えを感じました(2012.8.25)。
  • PCA(パーソンセンタード・アプローチ)研究会(7)の日程が、9月8日(土)14:00〜に決まりました(2012.8.21)。
  • ファシリテーション研究会で講師・ファシリテーターを担当します。そのご案内ができました。興味のある方は、ぜひご参加ください(2012.8.8)。
  • ゲシュタルト療法のワークショップ(高野山ワークショップ)に参加しました。体験と共に理論的な整理にも繋がる話を聞くこともできました(2012.8.3〜6)。
  • 働く方々へ向けた臨床心理士の一問一答集に幾つか書く機会をいただきました。
  • PCA(パーソンセンタード・アプローチ)研究会(6)の日程が、8月21日(火)17:00〜に決まりました(2012.7.28)。
  • PCA(パーソンセンタード・アプローチ)研究会(5)の日程が、7月28日(土)10:00〜に決まりました(2012.7.15)。
  • PCA(パーソンセンタード・アプローチ)研究会(4)の日程が、7月15日(日)13:00〜に決まりました(2012.6.20)。
  • ロールレタリング学会に投稿していたレビュー論文が受理されました。幅広く論文をまとめて今後の研究の方向性を示唆した論文です(2012.6.19)。
  • 名古屋市で行われた日本心理臨床学会第31回大会春季大会に参加しました。今回はワークショップへの参加のみです(2012.5.27)。
  • 日本ロールレタリング学会第13回研究大会の案内です。リンクは会期までの期間限定です(2012.5.25)。
    PCA(パーソンセンタード・アプローチ)研究会(3)の日程が、6月10日(日)13:00〜に決まりました。今回のテーマは「フォーカシング指向心理療法」です(2012.5.21)。
  • ロールレタリング研究データベースを更新しました(2012.5.21)。
  • ホームページのデザインを変更し、また諸々の講義資料を更新しました(2012.5.2)。
  • 西宮市で行われるファシリテーション研究会の講師・ファシリテーターを担当します。私の担当の他にも魅力的なプログラム、講師・ファシリテーターが揃っています。興味のある方は、ぜひご参加ください(2012.4.10)。
  • 心理統計法特論の講義資料(1~4)をアップしました(受講者のみ閲覧可能)(2012.4.5)。
  • 日本心理臨床学会の国際ワークショップ「精神分析と行動療法の統合ー個人療法と家族療法」に参加しました。Paul Wachtel & Ellen Wachelの理論的、実践的な統合の話で、かなり刺激を受けました(2012.3.24~25)。
  • 恩師の野島一彦教授(九州大学)の退職記念シンポジウム、最終講義(九州大学)、祝賀会(ヒルトン福岡シーホーク)に参加しました。門下生の話題提供や、趣向を凝らした出し物もあり、盛大な会となりました。
  • 日本交流分析学会中央研修会(岡山)に参加しました。(2012.2.19)。
  • 日本臨床ゲシュタルト療法学会(大阪市)に参加しました(2011.12.18)。
  • 日本看護科学学会(高知市)に参加し、看護教育とロールレタリングについての学会発表を行いました(2011.12.2~3)。
  • ロールレタリング研究データベースに最近の21の学会発表と論文を加え、更新しました(2011.10.26)。
  • 日本臨床ゲシュタルト療法学会の研修会(大阪市)に参加しました(2011.10.16)。
  • 日本人間性心理学会(刈谷市)に参加し、単発型エンカウンター・グループの方法論について学会発表を行いました。またCampbell Purtonのフォーカシングに関する先進的なワークショップ・講演に参加しました。フォーカシングについての自由な捉え方を学びました (2011.10.8~10)。
  • 『グループ臨床家を育てるーファシリテーションを学ぶシステム・活かすシステムー』(野島一彦監修・髙橋紀子編,創元社)の一部を執筆しました(2011.9)。
  • 日本カウンセリング学会(上越市)に参加し、エンカウンター・グループのファシリテーション(他のグループとの比較)について学会発表を行いました(2011.9.18~19)。
  • 日本心理臨床学会(福岡市)に参加し、エンカウンター・グループのファシリテーター養成に関する学会発表を行いました(2011.9.2~4)。
  • 日本ロールレタリング学会(茨木市)に参加し、今後の研究展望に関するレビュー論文の発表を行いました。また学会理事になりました(2011.8.27~28)。
  • 日本ゲシュタルト療法研究所の高野山ワークショップ(2011.8.5~8.8)に参加しました。
  • 平成23度の学会発表は5つ(心理臨床学会、人間性心理学会、カウンセリング学会、ロールレタリング学会、看護科学学会)の予定です(2011.6.6)。
  • ロールレタリング研究データベースに矯正教育関係(矯正教育研究、犯罪心理学研究、刑政)の17の論文を加え、更新しました(2011.3.16)。
  • ロールレタリング研究データベース(一部:PDF、Excelのみ)の公開を開始しました(2010.12.3)。
  • ロールレタリング研究データベース(一部:PDF、Excelのみ)の公開を開始しました(2010.12.3)。
  • 下記のロールレタリング研究データベースの一部を、本ホームページ上で2010年11月頃公開予定です。
  • 日本ロールレタリング学会にて「ロールレタリング研究データベースによる近年の研究の特徴や動向」について発表しました(2010.8)。
  • 「対人援助職のためのロールレタリング・ワークブック」を心理教育のツールとして作成・研究の計画中です(2010.4~)。
  • 「ロールレタリング記述コード表」を研究のツールとして作成し、幾つかの研究で使用中です(コード化の細かな基準等は未発表)(2010.3)。
  • 九州大学の野島一彦教授の元で、博士(心理学)を取得しました。博士論文は「ロールレタリングの臨床心理学的援助への導入と展開の可能性」です(2009.11)。
  • 日本ロールレタリング学会にて学会奨励賞を頂きました(2009.8)

    TOPに戻る